貸切バスであるミニバスの特徴とは

貸切バスであるミニバスの特徴とは 貸切バスのサービスを展開しているバス会社はたくさんあります。いろいろなバスを揃えているのですが、その中には大きなバスだけではなくて小さなバスも揃っています。小さなバスに対する需要も存在しているのです。あまり大人数で利用しなかったり、たくさんの荷物がないというケースでは小さな貸切バスを望む方は多いでしょう。そのような需要にバス会社はきちんと答えているのです。そのため現在ではミニバスというものが登場しており、こちらを利用している方はたくさんいます。

ミニバスは少人数での利用を考えている方に最適な貸切バスとなっています。定員は9名から13名となっているため、バスの中ではかなり少ないです。しかし、このぐらいの人数しか利用しないという方も存在しているでしょう。そのような小さなニーズを満たすためにミニバスはあるのです。ミニバスは、大型ワゴン車とあまり変わらない外観をしています。そのためバスに乗っているという感覚にはなりにくいでしょう。普通のクルマに乗るのと同じような気持ちで利用することになります。狭いというのはデメリットかもしれませんが、それによって小回りがきくため、狭い道であってもスムーズに進んでいくことができるでしょう。住宅街の中を走る事情があるならば、大きなバスよりもミニバスの方が向いているのです。そのため意外と大きな需要が存在しています。

ミニバスは基本的に装備というものはついていません。オプションも用意されていないことが多いでしょう。必要最小限の機能しか備わっていないのです。そのため単に移動手段としてバスを手配したいという方に向いている車種なのです。ちょっとした時に気軽に利用することができるでしょう。大きなバスと比較するとそれほど料金がかからない点がメリットとなっています。

ミニバスの用途としては、たとえばグループでの飲み会に利用することができるでしょう。みんなで揃って同じお店に行くことができればすぐに飲み会を始めることができるのです。サークルや同僚などで飲み会を計画する際に、誰も車を持っていないというケースは少なくないでしょう。また、飲酒運転を避けるためにもミニバスを手配して、送迎をしてもらうという利用法も存在しているのです。何か行事を開催する際にメンバーを送迎するためにミニバスを使うことも多いです。ミニバスならばスムーズに移動することができるため、効率よくみんなを集めて送迎できます。

別の用途としては、たとえば会社で店舗を視察する際に活用することができます。複数の社員がまとまって移動する方が都合が良くて、ミニバスの場合は単に移動手段として使うのには適しているのです。余計な機能がついていないのは逆にメリットにもなっているのです。だからこそ料金は安く設定されており気軽に利用することができるのです。他にも観光や冠婚葬祭などで利用することもできるでしょう。小回りの良さを最大限に活用することができるでしょう。狭い路地を通ることもできるため、たとえば自宅の前まで来てもらうことも可能なのです。歩くことが難しいような状況では特に活躍するでしょう。

また、駐車スペースの心配が必要がないのもミニバスのメリットの一つとなっています。普通の貸切バスならば、ある程度大きな駐車スペースが必要となるのですが、ミニバスの場合ならば普通の自動車が駐車できるほどのスペースがあれば十分なのです。このように貸切バスということをほとんど意識しないで利用できる点は大きなメリットといえるでしょう。ミニバスの中にはリフト付きのものもあります。これならば介護が必要な方を移動させるのにも使えて便利でしょう。貸切バスとしてのミニバスにはまだまだ大きな可能性があるのです。

最新ニュース